So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

オリオンビール TOBにより再出発へ [経済]

沖縄県浦添市を地盤とするオリオンビールが、野村ホールディングスとアメリカの投資ファンド、カーライル・グループによる株式公開買い付け(TOB)が成立し、ファンドの傘下となりました。

全出荷量の8割が沖縄向けであり、新規市場の開拓が急務ですね。

ファンドは企業価値を高めて5年後に新規株式公開(IPO)を目指すそうです。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。